施術前の注意点

2017-08-29 未分類

刺青は軽い気持ちで、カッコいいから、流行っているからなどの理由から若い人の中には抵抗が少ないまま入れてしまう人もいます。入れてもすぐに除去することができるといった気持ちも少なからずあるでしょう。しかし、実際には除去するまでには長い時間が必要であったり、傷跡が残ったり、完全には消すことができない色もあります。

日本ではまだまだ刺青に対する見方は欧米ほどゆるやかなものではありません。刺青があることで温泉やプールを恋人や家族と一緒に楽しめないこともあります。既に入れてしまい、結婚や就職をきっかけに何とか取りたいと考えている人もいるでしょうが、もしこれから刺青を入れようかと考えている人は、ワンポイントの刺青であっても除去する為のお金と時間がかかることをよく考えて決めましょう。

刺青除去の技術も向上していますが、刺青の範囲や入れている部位、色などによって適した治療法は異なってきます。治療期間やダウンタイムにかかる時間なども考慮した上で、主治医の先生と相談して一番良い方法を選択しましょう。そのためには治療経験が豊富でしっかりとしたカウンセリングを行ってもらえるクリニックで、費用の面や治療後の状態を理解した上で治療に望むことをお勧めします。