美容外科で刺青除去

2017-08-05 未分類

現在ではオシャレやファッション感覚で気軽に刺青(タトゥー)を入れる人もいると思います。しかし、刺青に対するハードルが以前よりも下がったとはいえ、銭湯や温泉、プールなど肌の露出をする場所では刺青を入れている人の施設利用をお断りしているところも多く、まだまだ社会的に広く受け入れられているとは言いがたいものでもあります。

若い頃に軽い気持ちで入れてしまったが、結婚や就職といった大きな出来事をきっかけに、1度入れてしまった刺青をどうにかして除去したいと考えている人もいるでしょう。このような時に頼りにするのが美容外科です。美容外科では、一般によく知られているレーザー治療をはじめとした様々な方法によって刺青の除去を行っています

一口に刺青といっても、大きさだけでなく彫り方や深さ、色などによって適した除去方法は異なると言われています。その方法を大きく分類すると「レーザー治療」「切除術」「皮膚剥削術」「皮膚移植」の4つに分けられます。レーザー治療以外の治療法では皮膚にメスを入れるため傷が残ってしまいますが、範囲が広い場合やレーザーで除去できない場合には手術で除去が必要です。施術回数や治療期間にも差があるため、自分に合う方法を知っておくと良いでしょう。

当サイトでは、美容外科で刺青除去を行う方法やその特長、注意点などについて紹介しています。1度は入れてしまったものの、後悔してしまい何とか刺青を取りたいと思っている人はどういった施術方法があるのか参考にしてみてください。