未分類

施術前の注意点

2017-08-29 未分類

刺青は軽い気持ちで、カッコいいから、流行っているからなどの理由から若い人の中には抵抗が少ないまま入れてしまう人もいます。入れてもすぐに除去することができるといった気持ちも少なからずあるでしょう。しかし、実際には除去するまでには長い時間が必要であったり、傷跡が残ったり、完全には消すことができない色もあります。

日本ではまだまだ刺青に対する見方は欧米ほどゆるやかなものではありません。刺青があることで温泉やプールを恋人や家族と一緒に楽しめないこともあります。既に入れてしまい、結婚や就職をきっかけに何とか取りたいと考えている人もいるでしょうが、もしこれから刺青を入れようかと考えている人は、ワンポイントの刺青であっても除去する為のお金と時間がかかることをよく考えて決めましょう。

刺青除去の技術も向上していますが、刺青の範囲や入れている部位、色などによって適した治療法は異なってきます。治療期間やダウンタイムにかかる時間なども考慮した上で、主治医の先生と相談して一番良い方法を選択しましょう。そのためには治療経験が豊富でしっかりとしたカウンセリングを行ってもらえるクリニックで、費用の面や治療後の状態を理解した上で治療に望むことをお勧めします。

ピコレーザーとは

2017-08-16 未分類

美容外科での刺青除去やシミの除去方法の中で、現在注目を集めているのが「ピコレーザー」と呼ばれるものです。レーザー治療は昔からありましたが、「ピコレーザー」は従来のレーザーとどのように違うのか紹介します。

シミ取りなどの施術でお馴染みのレーザーは、機器から光を照射することでシミや刺青の色素を破壊して除去するものです。従来使われていたレーザーは、そのレーザー光の出る時間の長さが「ナノ秒」だったものを、ピコレーザーではナノ秒より更に短い「ピコ秒」で照射することが可能になったものです。

レーザー光の出る時間の長さが変わることによってどのような変化があるかというと、従来のレーザーに比べてピコレーザーでは小さな色素まで破壊でき、照射時間も短いので肌への負担が抑えられるというメリットがあります。従来のレーザー治療では水ぶくれになったり出血が起きたりする他、刺青の入っていない肌もレーザーによってダメージを受けていました。そのため、施術後に肌にボコボコとした傷が残るなど見た目も悪くなってしまいます。ピコレーザーは無理に出力を上げる必要がなく、照射時間も短くて済むため肌へのダメージが少なく、傷跡も残りにくくなります。(関連リンク:美容外科 札幌

刺青除去の方法

2017-08-11 未分類

刺青除去以外にも、シミを消す方法などで一般にもよく知られている「レーザー治療」は、メスを使わない治療のため、傷跡が残りにくいことがメリットです。しかし、刺青を薄くするには何度も治療が必要になるため時間がかかるだけでなく、色によっては効果が見られないものもあります。

「切除術」は、刺青部分の皮膚をメスで切り、縫い合わせる方法です。範囲が狭い物は一度の手術で完了できるものの、刺青の範囲が広い場合には複数回に渡る手術が必要になります。深く彫りこまれている場合や刺青の色に関係なく除去できる点がメリットですが、皮膚がつれるような感覚が残る可能性があります。

「皮膚剥削術」皮膚を深い部分まで剥がして削るという、その名前の通りの方法です。皮膚に刻まれている刺青の9割の部分を削り取ることで、その部分に擦り傷を作ります。すると、できた傷を治そうと自分の細胞が集まってくるため、その自然治癒力に任せる治療法です。残りの刺青部分も細胞が食べてしまうため薄くなります。広い範囲にも適応でき、皮膚がつれる感覚は少ないそうですが、難しい手術のため経験のある美容外科を選択したほうがよいです。

「皮膚移植」
自分のお尻や太ももなどの皮膚を刺青部分に移植する方法です。範囲が広い刺青除去には有効ですが、跡が残りやすいことに加え、1週間程度の入院が必要です。

美容外科で刺青除去

2017-08-05 未分類

現在ではオシャレやファッション感覚で気軽に刺青(タトゥー)を入れる人もいると思います。しかし、刺青に対するハードルが以前よりも下がったとはいえ、銭湯や温泉、プールなど肌の露出をする場所では刺青を入れている人の施設利用をお断りしているところも多く、まだまだ社会的に広く受け入れられているとは言いがたいものでもあります。

若い頃に軽い気持ちで入れてしまったが、結婚や就職といった大きな出来事をきっかけに、1度入れてしまった刺青をどうにかして除去したいと考えている人もいるでしょう。このような時に頼りにするのが美容外科です。美容外科では、一般によく知られているレーザー治療をはじめとした様々な方法によって刺青の除去を行っています

一口に刺青といっても、大きさだけでなく彫り方や深さ、色などによって適した除去方法は異なると言われています。その方法を大きく分類すると「レーザー治療」「切除術」「皮膚剥削術」「皮膚移植」の4つに分けられます。レーザー治療以外の治療法では皮膚にメスを入れるため傷が残ってしまいますが、範囲が広い場合やレーザーで除去できない場合には手術で除去が必要です。施術回数や治療期間にも差があるため、自分に合う方法を知っておくと良いでしょう。

当サイトでは、美容外科で刺青除去を行う方法やその特長、注意点などについて紹介しています。1度は入れてしまったものの、後悔してしまい何とか刺青を取りたいと思っている人はどういった施術方法があるのか参考にしてみてください。